<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

こいつかぁ…

菜園は夏野菜の収穫がもう終わります。

面積も狭いし、何分野菜はど素人ですから、収穫量はわずかです。それでも収穫は嬉しいものですね。

短く少ない種類の栽培ですが、色々納得というか、本やネットにあることがありました。

トマトが7月頃から中心の芽がいきなり萎れてダメになることがあり、どうしたんだろう?と観察してみると、萎れた所の根元が大きく抉れるように食害されてました。仕方ないからそこから切り落として、芽を止めました。
おそらくタバコガだと思いますが、よくわかりません。とりあえず、見付けたら捕殺(ピンセット等で摘んで取り、私は足で潰しています)です。何とかトマトの被害は収まって、今は点検だけですんでいます。それでも収穫前の実が食害で穴が開いて駄目になるのが出てます。
結構これは痛いです。予定では花房(花が咲いて実がなる枝)を10段にするのが7段になるなど、収穫量が落ちます。何と言っても、中心の太い幹に相当する所が途中でダメになりますから。丈が低くなるので作業は楽ですけどね。

トマトは葉の付け根から脇芽がすぐ出るので、脇芽掻きが欠かせません。意外とこの脇芽は放っておくとすごく太くなります。主枝と同じくらい伸びるので、枝が暴れる状態になります。
買ったトマト苗は2株。立てた支柱は6本。脇芽の枝の暴れたのが2本。それから脇芽を挿し木して、成功したのが3本。トマトは活着がいいから挿し木は容易です。挿し木は多少枝と枝の節間は開き、蕾が減りますから、苗、できれば大苗を植える方がいいです。あ、ちゃんと挿し木したのも暴れた枝も花が咲いて、結実しています。

ところが、花は咲いても実がならないのが多いので、トマトはやっぱり難しいです。品種がはっきりしないミディトマトは半分から3割ぐらい、黄色のミニトマトのイエローアイコは1割ぐらいの着果率です。
まだまだ素人ですから、収量を多く望むのは欲を掻き過ぎですね。でも、来年はトマトトーン(トマトのホルモン剤)を買って、着果率、そして収量アップしたいです。

オクラは病害虫は少ないと聞いてますが、緑の虫がつきます。これは葉を巻いて隠れるので、薬で一気に処理は向きません。この虫はオクラの中心の芽の間に巣食ってます。
多分ワタノメイガで、フタトガリコヤガやベニフキノメイガもいます。何と言っても芋虫ですから、親の生み付ける卵、発生初期に近い令虫を除ければ、被害は小さくなります。
うちの畑は野良ちゃんが自由にしてるので、薬(農薬)は厳禁です。
いくら作業用に手袋していても、やはり毛のある虫は触りたくありません。おまけに巻いてある葉を解くと、すぐに落ちて逃げられるので、巻いてある葉の部分ごとちぎって足で潰します。アリがいるので、潰したのは綺麗に運んでくれます。

実は厄介というか、対処に困る虫が出てます。バッタです。
バッタは葉を種類に拘らないで、丸坊主に食害してくれます。
二列に種一袋、空芯菜(エンツァイ)を7月に播いたのですが、食害が酷く、葉が食用になるような部分が出来るまで育ちません。収穫は無しです。
原因はバッタでしょう。よく止まっていますから。他にもバジルと青紫蘇が丸坊主で収穫が無理そうです。
バッタは最初は1cmくらいでしたが、最近は4cmくらいあります。種類はよく分かりませんが、ショウリョウバッタみたいのです。
どうも草むらがあるのが良くないようで、30cmほど離れるように草刈りしたら、少し被害が減りました。何分、この猛暑で畑で作業はほとんど出来ません。辛うじての最小限の草刈りです。バッタは距離があっても飛びますから、焼け石に水です。でもまだましになりました。

バッタや芋虫は捕殺出来るし、アブラムシは面倒ですがガムテープで捕ることが出来るし、ハダニは難しいですが水を吹き掛けて洗い流すことが出てます。農薬を使えば収量は上がりますが、無くても収穫可能です。第一、虫が食べれるなら人間が食べて安全なはずです。
百点満点は無理でも、六十点ぐらいの食べられるものを収穫出来ました。

今のところ、ありがたいことに病気の被害は出てません。ちょっとおかずの足しになるぐらいの収穫を楽しんでいます。我が家はオクラが好きですので、1畆と2株で毎日数本取れたのは結構ありがたいです。

そろそろ秋冬野菜の準備の時期です。
苗や種、土の準備があります。お盆の頃までに何を植えるか決めて、注文しました。まだ全部到着してませんが、届いた袋を見て次の収穫を想像して楽しんでます。
まだ猛暑でが続きますが、無理しない範囲でがんばります。皆さんもお気を付けて。
[PR]
by meadow02 | 2010-09-11 16:34 | 花虫草木