タグ:科学 ( 3 ) タグの人気記事

タヌキはIT長者の夢を見るか

ダーウィンが来たを見ました。今回のテーマは、「東京のタヌキ」です。
シティライフを満喫する野生タヌキに恐れ入りました。23区で随分目撃情報があるんですね。公園とかの緑地帯ではなく、民家の庭や線路に出没するそうです。遮断機の下の側溝で子育てするタヌキはびっくりしました。何だか嬉しいです。
びっくりしたのは、線路が獣道になってタヌキが移動するということでした。夜の線路を夜な夜な歩くことはしませんが、レールの上を歩くタヌキは見てみたいな。

プラネットアースも横目で見ました。断崖絶壁を駆け巡るユキヒョウとマーコール(だったかな?)はすごかったです。
横目だったのでほとんど見てませんが実際に見れたらどんなだろうなあと感嘆の溜息です。

NHKの動物ものはウォッチングの時代からよく見てます。一時期、「野生動物と自然を守ろう!」の説教臭さが鼻について離れてましたが、今のダーウィンが来たは動物の面白さ、センス・オブ・ワンダーな所を紹介する方式なので見るようになりました。
あと好きなのはサイエンスゼロです。ええ、科学大好きですもの。最先端を見るとわくわくします。

NHKの科学番組は質がよくて好きです。
[PR]
by meadow02 | 2006-10-02 00:36 | 活劇動画

風邪と掛けて辞書と解く

その心は、付き合うにはかったるい、です。

風邪がまだ治っておらず、ちょっとブルー気味な蓮です。
風邪薬をちゃんと処方してもらって飲んでいるので、少しずつよくなっています。
風邪薬によらず、私は薬がとにかく効きにくく、薬を出してもらうのに苦労します。今回は感冒薬と去タン薬をもらいました。

*注意*
今回挙げる本で理解したと思っても、薬の性質の理解が完全に出来る訳ではありません。かかるお医者さんに処方してもらう薬については相談して下さい。

病気をしてから、色々な薬を試すことになり、合うのを探すまで苦労しました。最初は薬の解説書のコピーをもらっていたのですが、毎回では頼みにくいこと、資料の保管が大変になること、辞典類が欲しかったことで、薬の本が欲しかったのです。
私が愛用してる本は、
「今日の治療薬 解説と便覧 2002」 水島 裕 編 南江堂
です。そろそろ新刊に変えようかなと思っています。
薬剤名、製造元、用量、副作用や併用の禁止の注意などで成っています。病気と薬の作用についても、一般的な解説が付いてます。
医者や薬剤師などのプロフェッショナル向けの辞典なので、取っ付き難いですが、頻繁に薬が替わる羽目になったり、使用する種類が多い私としては大変重宝しています。
あ、私は医療関係者ではなく、必要に迫られての単なるオタクです。
[PR]
by meadow02 | 2006-10-01 02:21 | 晴耕雨読

天気予報を素直に聞く方法

天気図を見るのは趣味で、天気予報がどうなるか予想するのが好きです。携帯のメールサービスに毎日の天気予報が入るように登録してあります。

天気予報をするのは本当は、物理と数学の知識が必要なのですが、そんなものはかけらも無い!と断言出来る頭に格好の本をまた読んでいます。
趣味悠々 2002年4月~5月 「あなたもできる天気予報入門」
数式はありません。100Pありません。一般向けなので読みやすいです。時々オヤジギャグをかまします。
私は一般気象学はギブアップしたくちなので、この辺りが適当かと。
気象予報で予報士さんが説明するのを、にやりと嗤うまでいかなくても、ほうほうと納得できるようになりたいものです。
[PR]
by meadow02 | 2006-09-26 00:39 | 晴耕雨読