タグ:読書 ( 18 ) タグの人気記事

このところ読んでたもの

普段、平日は洗濯してるわずかな時間にネットを開くだけ。土日は読むと眠るだけで終わるだけ。ひたすら寝てます。
電車はじっと目を瞑ってます。だいぶ良くなったとはいえ、目を開けていられない時間が多いので、本を読むのは無理です。

それでも、生来の活字中毒。少しずつ読んでましたが、wikiにマンガにライトノベルとごたまぜ。同人誌にも手を伸ばして、腐女子になりました。

wiki読みまくりの切欠は「ポグロム」。
なんでこんな黒い言葉を昼休み前に思い出して、wikiで見ちゃうかなあ~。それで、関連してくると、ジェノサイド大量虐殺、第2次世界大戦、暗いものばかり。ボスニア・ヘルツェゴビナ、ルワンダ、大躍進、通化事件。精神衛生には良くないけど、感想としては、人って、昔も今も同じで、えげつないことをするんだなあ。
この辺はあまり気持ちいいものではありません。

私の歴史観は変わってるかも知れませんが、卑弥呼が居たかどうかはどうでもよく、必要な歴史知識は19世紀後半ぐらいから、特に太平洋戦争前夜から戦後どうなったか、世界はどう動いたのか。今現在がどうなってるのかを知るのに歴史が必要というのが私の考え方です。

でも、記憶を持つ人が生きている、または近しい人がいるというのはきついものですね。どんなことが起こったのか、欠片を読むのでも辛いです。自分でも悪趣味な記事読みをしてるなあと思うけど。

これで、逆転ニュルンベルク裁判とか、シリアル・キラー関連とか思い出してしまいました。


最近、読んだマンガで面白かったのは、聖おにいさん、秘密です。前者はイエスとブッダが立川でゆる~い貧乏ながらも人間界ライフを楽しんでいるもので、このゆるさと着てるTシャツの柄が楽しい。後者の秘密は、清水玲子らしく線が綺麗だからグロい絵も見れます。脳の記憶を見ることが出来たら、ということで事件を明らかにしていくのはやっぱり上手いので面白いです。年に1冊ぐらいのペースですが、読みたいけど置いておきたくないシリーズです。

ライトノベルの彩雲国物語は好きなシリーズです。主人公のたくましさと特に初期のめきめき作者が上達していくのが面白いです。少女小説らしく、いい男だらけになってますが、いい女も楽しく出てるからこんなに長く続いてるのでしょうね。
見つけて速攻買ったのはやさしい竜の殺し方メモリアルです。このシリーズ、ビーンズ文庫でもスニーカー文庫でもなく、スニーカーブックスで持ってるんですよね。古いファンです。津守時生名義でも多古雅之名義でもずっと読んできたから、今年デビュー20年ということで、私も学生時代からのファンだから長くファンやってるなあ、と気が遠くなりました。

あと同人誌を爆読してます。同人誌はお金がかかるけど、設定がここまで変えるかあ?という変転ぶりと、下手なライトノベルより面白いのが楽しいです。これから緊縮財政なので、そろそろ限界かなあ。

つれづれに書きましたが、やっぱり軽くても活字の無い生活は出来ないようです。
[PR]
by meadow02 | 2009-11-03 21:34 | 晴耕雨読

復刊

鉄錆廃園が復刻しました。
酸の海、クレーター、廃墟が乱立する魔物が復活した世界。
華不魅の不思議な絵で綴られる不思議な世界。最終回間近で連載ストップしてしまったんですよね。分厚いA44冊で完結するということです。うれしい~~。

現在また体を壊してます。入院勧告されたんですけど、ベッドが無いので別病院を当たってもらってます。
3年も休職しちゃったからクビだよ。どうしよ。生活の糧だけじゃなくて、寮もおっぽりだされるんだよね。
どうすればいいのだか。支援もないし。何をどうすればいいのだか。。。。今はぼーぜんとしてます。
[PR]
by meadow02 | 2009-07-13 20:47 | 晴耕雨読

大量売却

本と同人誌を大量売却してきました。
売れないですね。値段が付かないものが多かったです。
それでも少しはお金になったかな?

まだ一般誌をブックオフに売らなくてはいけません。
狭い部屋にどれだけ入ってるんだ~~~とばかりに、押し入れ、天袋、洋服かけの下。ありとあらゆる場所に本が詰まってます。

引っ越しが3年内に延びたけど、引っ越しする時はどうするんだろう。恐ろしい限りです。
[PR]
by meadow02 | 2009-06-02 21:44 | 晴耕雨読

食品の光と影

食品添加物の本を読みました。食品の裏側―みんな大好きな食品添加物です。
食品添加物といっても安心して下さい。化合物のカタカナ名はそれほど気になりません。名前によっては、あーあれだなと分かる化合物はありますが、はっきり言って食品添加物は分かりません。もと言うべきでしょうが。分野の専門家でなければよく分からないし、性質だって組み合わさったら専門家もどうなるか分からない、これが化合物の世界です。
だけど化学製品無しに現代生活は出来ません。重要なのに地味です。一般の人は興味持ってくれないかも。
この本は食品添加物についてですが分かりやすく付き合い方を書いてます。要は表示を見ること、台所で使わないもの何で入ってるか分からないものが入ってるものは出来るだけ避けること、これだけです。
添加物の無い食品を選ぶのは至難の技です。また価格も見栄えもよくありません。
だったら自分で作る。毎日では不可能です。どこまでが許容範囲か、そこが落としどころです。
添加物は怖いものだ。無い方がいいに決まってる。そう思ってませんか?そんなことはありません。添加物があるから安心してもいい部分があります。
例えば保存料。サンドイッチを買って新幹線で食べるとします。時間も経つし温度も常温です。食中毒の危険が減ります。例えばカビ。カビ毒は怖いです。相当強いものがあります。種類や毒性を列記してもしかたありませんので、合成物の添加物よりも自然界には怖いものがあると思っていただけると幸いです。
コインに表と裏があるように添加物にも光と影があって、どっも受け入れようよ。はっきりした毒性は全部証明出来ないから、無駄な摂取は止めようよ。こういうことじゃないかな。私も賛成です。

すごいなあと思ったのは、添加物の粉の組み合わせでなんでもそれの味ができてしまうこと。色々企業秘密があるから詳しくは分かりませんが。著者は開発も現場も知ってる人です。
私はスナック菓子が苦手で、この本を読んでから表示を見てみると、添加物の少ないものを自然に選んでいたようです。中でも、醤油、レモン果汁、梅干しは特に厳しいです。醤油は大豆塩小麦のみ、レモンは絞っただけのストレート、梅干しは梅シソ塩以外を使っているものは許せません。
エンゲル係数考えたくないです。でも、味と健康を考えたら必要な投資だと思います。
[PR]
by meadow02 | 2009-04-29 21:33 | 晴耕雨読

水の精霊の見る夢

精霊の守人を読みました。Sea SongsのTitmouseさんのお薦めの本です。ここに春からNHK-BSで始まるアニメのリンクを貼ります。

女用心棒のバルサはひょんなことで新ヨゴ皇国第2皇子チャグムの護衛を引き受けます。チャグムは精霊の卵を産み付けられていたのです。バルサはチャグムをそして精霊の卵を、王の追っ手からさらに卵を食らうものから守ることが出来るのでしょうか?

文化人類学者でありアボリジニを研究している筆者が作るこの世界には、私たちに近い世界観を持つ新ヨゴ皇国の世界観と、独特の世界観を持つヤクーの世界観があります。
新ヨゴ皇国の世界観には中国の占星術を思わせる天の道筋があり、ヤクーにはこの世<サグ>と異世(ことよ)<ナユグ>という新ヨゴ皇国にはない世界観があります。このサグとナユグには実数と虚数の世界の違いを感じました。あるいはグラフの0を基点に+と-で相似形を成して交わり合わない形をしていると申しましょうか。
サグとナユグの境目には、卵の殻に着いてる膜のような、薄くどこまでも伸びる高性能のゴムの膜を思い浮かべました。

何よりこの物語には新ヨゴ皇国とヤクー、サグとナユグの住人という、独特の生物が活き活きと生きているのです。息をし、話し、歴史を言い伝えを持つ一つの確固たる民族が複数、互いに関わり合いながら存在しているのです。この民族の歴史も200年の現実の時間を経た生命と変化も感じ取れます。

優れたファンタジーにはトールキンの言う準創造という、神の箱庭を作ることが出来るものです。この物語にはそれがあります。それを証明するように、この「守り人シリーズ」は各賞を受賞しています。
守り人シリーズは今最終章に入っています。最後は3部作であり、第1部は既に出版されています。

まだ読み始めたばかりなので終わりを知るのも悲しいのですが、大事に大事にこのシリーズを読んでいこうと思います。
[PR]
by meadow02 | 2007-01-20 12:48 | 晴耕雨読

ポケットにワインを

ポケット・ワイン・ブック 第6版 ヒュー・ジョンソン著です。

ワインの評価と言えば、マンガ神の雫に出てきたパーカーポイントがあります。この本にも星で示してますが、この本はポケットサイズにワインのことを全部詰め込んだ感じがあります。

葡萄の品種から、ワインに合う料理から、各地のワインの銘柄も全てあります。

私はワインは好きですが詳しくはありません。ただの飲んべえです。今はお酒をほとんど飲まないので、更にワインに疎くなりました。それでも、この本には地域ごとのワインがヨーロッパも新世界も網羅してるので、辞典として便利で手元に置きたくなります。

図書館で見つけたのですが、手元に置くのは諦めました。新書サイズで4千円するんですよ。しかも2005年の版ですが、2年ごとに新版が出るのですから。

ワインはお気楽にショップのアドバイザーに選んでもらうのが一番無理のない方法なのかも。アドバイザーには葡萄のバッジをしてる人が居ますが、ソムリエの資格の証なのでしょうか。
[PR]
by meadow02 | 2007-01-11 21:04 | 晴耕雨読

身の丈スローライフ

週間モーニング連載の「とりぱん」です。
東北で庭に来る野鳥その他に囲まれながら、四季のうつろいに即した生活を綴ったマンガです。
週4ページの4コママンガですが、生き物が可愛くデフォルメされることなく、生き物そのものが笑いを引き起こすものだと楽しませてくれます。日々のうつろいを淡々と綴ってるのですが、常に笑いに満ちてます。何より、動物たちの絵が可愛くないのがいい。
例えば、ツグミはとっても弱く臆病なので最後の余り物を食べるのですが、りんごの皮とかを喜んで食べる貧乏人根性を何とかして欲しいと締めています。
何より最後のページの季節の移り変わりをのんびり描いてるのがいいのです。
1巻が出た時にピンときてそのままレジに速攻で持って行ったのですが大当たりでした。秋に2巻が出て、半年に1冊ぐらいのペースです。
次は2007春です。楽しみだなあ。
[PR]
by meadow02 | 2006-12-10 21:23 | 晴耕雨読

明日のお昼のお供はこれで決まりだ!

今日、ブックオフにふらふら入ったらこんなのを見つけてしまいました。
「日経業界地図 2006」
2007版がもう出てるから古いのですが、業界の系列がカラーで載っていて面白いです。
明日のお昼のお供は「今が分かる時代が分かる世界地図2006年版」と一緒に決まりです。
ご飯より私は寝たいよ。とほほ。。。。。

ざくざく収穫した中に、
「プリンシプルのない日本」 白州次郎
も買いました。もう、腐女子になるのかなあ。やまねあやのも買ってきました。
今日読んでいたのは、
「君子論」
「花はなぜ香るのか」
趣味がオタクにぶっ飛んだだけです。明日の通勤は「マリア様がみてる」かなあ。
[PR]
by meadow02 | 2006-11-06 22:08 | 晴耕雨読

徳川8代平社員その名も

「暴れん坊本屋さん」 久世番子 です。
昨日、エルフ語講座で教養?を吸収した後、緑龍館でパイントを堪能しました。今回はまだ風邪引きなのでジンジャーエールを氷り抜きのパイントとお水をもらったら、お水がギネスのパイントでした(笑)。

緑龍館でちょっと話題にした本です。
本屋さんの裏事情をギャグで表しながら、これでもかとマンガで書いちゃってます。
お客さんの言うタイトルは間違ってます、なら。
サライがサティ
噂の真相が誠のうわさ
TIMEがローマ字チミの雑誌
中でも強力なのは
「ハリー・ポッターの書いたピーター・ラビットはどこ?」
。。。。。。。なんだ?そりゃ。

パブリシティーでは。
新聞やテレビで紹介されると、いきなり売れまくり、追加注文しても重版待ちで本屋さんは泣きっ面に蜂なことも。
逆に予め出版社から紹介されることを情報にもらって準備しても、反響は無かったり。
客の買い筋の読みは難しいのですね。絶対外さないと言えば「皇室」ということで、売れないマンガ家の作者は、竹にこの本(暴本)を挟んで宮内庁に直訴に行こうとしたり(笑)。

図書カードでは。
本好きがもらって嬉しいものは、で、「現金ですね」と背景に図書カードのポスターがあるのに言う作者です。そこに「空気を読め」って先輩コミック担当婦女子のつっこみがスパーンと入ります。この作者番子とコミック担当のハチさんの掛け合いは毎回堪りません。気持ちのいいつっこみです。

口絵イラストが恥ずかしいのをカバー掛けしてもらうには、カバーにイラストを挟み込んでおくとか、小技もあちこちにあります。

最近3巻が出て、ほくほくお持ち帰りをし、最終章まできたら、「最終巻」の文字が目に飛び込んできました。「え~。打ち切り~」と騒いだ所、 最後のページに雑誌で元気にエッセイコミック連載中の文字がありました。今後も楽しみです。

このコミックを買った時のお楽しみはカバーを外した時と中のタイトルページを見た時ではないでしょうか。

ツボ突く笑いは久しぶりです。
[PR]
by meadow02 | 2006-11-05 12:26 | 晴耕雨読

抽象でも具象でもない小宇宙

「ミヒャエル・ゾーヴァの世界」です。

「エスターハージー王子の冒険」の画家ミヒャエル・ゾーヴァを私は知りませんでした。北国のあきさんのサイトでその存在を知り、小さな絵を見て何となく惹かれて、この本を借りました。
第一印象は方向は違うけれど、アンリ・ルソーの絵に通じるものがあるな、でした。
ルソーとは違い、立体感も奥行きもある画風ですが、異国的というかヨーロッパとは違う空気を感じました。
ルソーが南国の楽園のジャングルなら、ゾーヴァは北方ヨーロッパの平行宇宙でしょうか。北の香りがします。
でも、木も豚もパンもとても具体的なのに、シュールレアリズムような不条理な絵です。スープ皿に豚が浸かっていたり、月が浮かぶ宇宙空間で夫婦喧嘩してたり。
仕事は挿絵画家だから非現実的な作画も当然なのですが。
ベルリンに生まれ育ち、油絵のような画風で、パーツは緻密。だけど、すごく不可思議な雰囲気なのに、地に足が着いているような骨太さもある絵。
不思議の一言では表せない、とても惹かれる画風の人です。

北国のあきさんで紹介してるミヒャエル・ゾーヴァの記事はここです。
[PR]
by meadow02 | 2006-10-24 22:49 | 晴耕雨読